あそびの発想。

各拠点の療育プログラムの特徴の1つ、、、

『こどもが遊びを自由に広げる』ことをねらっています。

グループ療育では、毎日スタッフが立案したプログラムがあります。

「いろいろなことを経験できる」と、ご家族さまからも嬉しいお言葉を頂戴しておりますm(__)m

こちらのお写真は、スタッフが用意した『シール貼り』です。

・季節のお花や昆虫に、イメージして色を付けること。

・枠の中を捉える力を育む。

…という基本設定。



みなさん一生懸命に、楽しそうに貼っています。

ひたむきでかわいいですね。

あるお子さまが終盤に、シールを貼り終えたのセロハンを『てんとうむしの羽』に見立てて表現されました。


私は目から鱗。

でも、他のお友達は目がキラキラ☆彡

「これは収拾がつかないぞ…」と思いましたが…笑

先生から「〇〇ちゃんもしてみる?」と声をかけると、、、


みんなてんとう虫になりました🐞

そして、シール貼りのお花を蜜をみんなで「ちゅーちゅー」と吸う遊びへ展開。

そして、自転車に乗って「ちゅーちゅー」とお帰りになられました。

このようにして、お友達との相互理解が広がって、仲良いお友達がたくさんできる『きっかけ』を療育で得てもらえますように。