コミュニケーションの成長。


何げない『ケンケンパ』の遊びの様子。

言語トレの中には、『人との関り』を育むプロセスもあります。

もちろん、発語にもつながります。

後ろのお友達は、ケンケンパをしているお友達をようく観察しています。


自分の好きな遊びを共有してくれるお友達ができれば、そのお友達のことが好きになります。

そうすれば、そのお友達が好きな『違う遊び』にも興味を持てます。

それが、『遊びの幅が広がる、お友達が増える』ことにつながっていきます。

療育では、先生が『きっかけ』を作っていきますね。