言語理解。

発語、言葉の明瞭性、伝える力、言語トレで多く期待されるところです。

言語発達がゆっくりであっても、『 言語理解 』の成長は育まれているお子さまも多いです。

「言っていることはようく理解しています。」

ご見学でもよく聞かせていただいています。

さて、年齢が上がっていくにつれて、『 会話 』の内容がだんだん難しくなってきます。

ストレートに伝える→抽象的・簡略して伝えるように、言語理解する力も育んでいかないと「どうして、そんなこと言うの?そんな言い方なの?」と、お友達や大人と『気持ちがすれ違う、掛け違う』ことがようく起こります。

その為には、認知・言語・コミュニケーションなど、いろいろな力が必要です。



説明書を通して、指示理解をする力を育もうとしている『 折り紙と、作り方の本 』です。

まだ字を読むことが難しければ、先生がゆっくり代読して、いつもの先生や大人の言葉ではない『 本の言葉 』に触れて考えてみることもできますよ。