認知と巧緻性。

生活の動作では「~しながら~する」ことばかりです。

「先のイメージを考えながら、~をする。」

 ↓

「~のように伝えたら、~してもらえる。」

コミュニケーションも同じですね。

さて、療育ではその点をより意識してもらえるように、先生が付いて細かな思考や動きを確認することができます。

個別療育の醍醐味ですね☆





ご家族さまからのご依頼、食具とボタンのステップアップのご様子。



最近では、靴にしても、紐を結ぶ動作が減りました。

靴紐を結ぶことが目的ではなく、『紐結びすることが生活の知恵』になることがあります。


『ハサミを使う』だけが目的ではなく、よりステップアップを目標としています。

できることが増えていけば、次はゆっくりゆっくり質が上がっていくように。。